seclan のほえほえルーム

| |

動画: 防衛省 弾道ミサイル防衛 (BMD: Ballistic Missile Defense) キネティック弾頭 (Kinetic Warhead)

・
2007/01/31 []

現在、日本とアメリカでは、敵国から打ち込まれる弾道ミサイルを迎撃するためのシステムを研究開発しています。ここで、弾道ミサイルとは、主にロケットエンジンやジェットエンジンを推進力として、弾頭を大気圏外や宇宙空間に打ち出し、その後、重力に従い弾頭が落下、目標地点を破壊するというミサイル兵器のことです。この弾道ミサイルから日本を防衛するための構想が弾道ミサイル防衛 (BMD: Ballistic Missile Defense) です。

弾道ミサイルを大気圏外や宇宙空間で撃墜するための方法として、イージス艦から要撃ミサイルを射出、内蔵ロケットで、大気圏外・宇宙空間にキネティック弾頭を運搬、そのあと、赤外線追尾装置を利用して自立的にキネティック弾頭が移動、弾道ミサイルにぶつかり、目標を爆破するという方法が計画されています。(平成16年版防衛白書 第6章 今後の防衛庁・自衛隊のあり方 第3節 弾道ミサイル防衛 [PDF] に詳細が説明されています)。ここで、キネティック弾頭とは、「弾道ミサイル防衛(BMD)用誘導弾技術の研究のうちキネティック弾頭要素の性能確認試験の結果について」によると標的に直撃し、運動エネルギーで破壊するための弾頭とのことなので、自動移動する爆薬がつまれていない弾頭を意味していると思われます。

平成16年版防衛白書より海上配備型ミッドコース防衛システムの運用構想図
平成16年版防衛白書より海上配備型ミッドコース防衛システムの運用構想図

日本では、そのキネティック弾頭が防衛省技術研究本部で研究開発されています。そしてその成果がいつの間にか「キネティック弾頭要素の性能確認試験の結果について」として公開されているようです。(DACSの運用構想/試験状況の動画 (動画に直リンク))。youtube にも、他の動画と組み合わせて、どんなものかわかりやすく編集したものがあがっています。(Japan TRDI Kinetic Energy Interceptor Missile Program Video)

それにしても、なんかすごいですね。地上にあるにもかかわらず浮いてますよ、こいつ。この動画見たら、男なら必ず熱くなりますよ。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

17.76 msec