seclan のほえほえルーム

| |

Windows アプリケーションの設定ファイル (ini ファイルや config ファイル) 格納場所について 〜 はじめに

・
2007/10/24 []

アプリケーションを便利に使っていくには、ソフトウエアメーカが最初に設定した状態ではなく、自分が設定した状態を標準で使っていくことがコツになります。その仕組みを実現するには、その設定をどこかに保存する必要があります。

マルチユーザをほとんど意識していなかった DOS や Win9x (Win95, Win98, Win98SE, WinMe) などは、あまりそれについて考える必要はなく、単にアプリケーションと同じ位置に置けばよかったのですが、マルチユーザを意識している WinNT (WinNT4, Win2K, WinXP, Vista) などは、そうはいきません。一応、システムではそのためにレジストリを提供していますが、ユーザからその設定が見えづらく、また再インストールなどで設定を復元する場合に扱いづらいなどの問題から、レジストリへの設定の格納はあまり歓迎されない傾向があります。そうすると、設定を記述したファイルをどこかに格納する必要がありますが、それをどこに格納すればよいのかと言うのが問題になります。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

26.29 msec