seclan のほえほえルーム

| |

PHP: CLI で標準入出力を使う方法

・
2008/12/01 []

PHP は、CGI や FastCGI で使う以外にも、コマンドラインから、普通のプログラミング言語であるかのように使うことができます。そのためには、SAPI が CLI の物を使う必要があります。これは、php -v で確認できます。

プログラムは通常通りに書けます。例えば、$argv と $argc という変数を使うことができます。これらはそれぞれ引数(array)と、その引数の個数(integer)を表しています。

また、CLI では標準入出力が使えます。具体的には次のようにします。

対象ファイル名ファイルリソース
stdinphp://stdinSTDIN
stdoutphp://stdoutSTDOUT
stderrphp://stderrSTDERR

ここで、ファイル名は fopen 等の関数にファイル名として与えることができます。STDIN とは、php が起動時に STDIN = fopen('php://stdin','rt') 等のように設定してくれた値で、fgets(STDIN) としてすぐに使用することができます。このようなことから、簡単にフィルタプログラムが書けるようになっています。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

17.39 msec