seclan のほえほえルーム

| |

Windows アプリケーションの設定ファイル (ini ファイルや config ファイル) 格納場所についての検討 〜 格納すべき基準ディレクトリ2

・
2007/11/14 []

さて WinNT 系列の場合はそれでもよいですが、Win9x では SHGetFolderPath で返すディレクトリは WINDOWS ディレクトリの下なので、それには抵抗があります。そこで、%APPDIR% か、またはマルチユーザで使うのであれば、ユーザの指定したディレクトリを使用するのがよいかと思われます。

それを指定するには環境変数を参照するのが自然です。そこで、どの名前を使うのかが問題になります。慣習的には、Unix で使われる %HOME% が望ましいように思われるのですが、この %HOME% という環境変数は、Windows に移植された Unix 系の移植コマンド・環境で参照されていることが多く、Windows の設定ファイルを格納するのは、少し違うような気がします。そのようなことから、別の名前を使用することにします。

そこで、使用する名前として %APPDATA% を使うことにします。環境変数 %APPDATA% は以下の環境で自動的に設定されています。

OS 名%APPDATA%SHGetFolderPath
Win95×
Win98×
Win98SE×
WinMe×
WinNT4×△ (SP3-)
○ (SP4+)
Win2K
WinXP
Vista

%APPDATA% は Win9x 系列では自動では全く設定されていないので、もし設定してある場合、マルチユーザで使用するというよい宣言になります。また、WinNT 系列では WinNT4 を除いて自動的に設定されているので、そのまま使用することができます。

もし Win9x で %APPDATA% が設定されていないのなら、単に単一ユーザでの使用ということで %APPDIR% に格納すればよいでしょう。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

26.12 msec