seclan のほえほえルーム

| |

郵貯チェックカード《セゾン》が2007年末で取り扱い終了!(1)−クレジットカードとは

・
2007/12/25 []

郵貯チェックカード《セゾン》とは、郵貯とのジョイントカードの一つであり、他のジョイントカードがキャッシュカードとクレジットカードの機能を併せ持っていたのと比べると異なった性質を持っていました。それは、このカードがクレジットカードの機能ではなく、VISA デビット (チェック) の機能を持っていたことです。

通常、クレジットカードは、付け払いと同じで、カード会社が使用者の支払いを代行し、後からその使用料金を使用者に請求するというシステムです。毎月付け払いできる金額は利用者の属性によってある範囲内に決められていることが多いです。利用された店では、クレジットカードが利用されると、クレジットカード使用料として、カード会社に幾ばくかの使用料 (たいていは使用料金の数パーセント) を払わなければなりません。カード会社はこれで利益をあげるわけです。システムがこのようになっているので、利幅の薄い商品を販売している激安店などでは、クレジットカードが使えないことが多いことが理解できると思います。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

29.62 msec