seclan のほえほえルーム

| |

プログラム起動時の引数の指定方法

・
2011/08/30 []

プログラム実行時、コマンド行などから引数を与えて、複雑な処理をさせることができます。Windows では、ショートカットの「リンク先(T)」のところに引数を与え、その引数で実行させることができます。引数の書き方は以下のとおりです。

  • 引数の各項目は、空白またはタブで分割される
  • ひとつの引数項目として、空白またはタブを含めたいときには、ダブルクオーテーション「"」で括る。例:"c:\Program Files\"
  • 一つ以上の「\」が続きその直後に「"」が続いている場合、特殊処理がなされる。具体的には、「\」がエスケープ記号として認識処理される。
    • 連続する偶数個の \ は、それぞれが一つの \ として解釈される。例:\\\\→\\
    • その後の残りが、
      • 「"」の場合、それは空白を囲む記号として認識される。例:「c:\\"Program Files"」→「c:\Program Files」
      • 「\"」の場合、単なる記号としての「"」を表す。例:「"x\"y z"」→「x"y z」


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

56.59 msec