seclan のほえほえルーム

| |

xrea.com のドメイン停止の原因

・
2006/04/10 []

xrea.com はいまだに、レジストリレベルで停止させられていますが、その原因となった「法的問題」に関する情報が追加されました。

弊社と上位レジストラの間で、5日の時点で既に解決済みの問題(詐欺関連のサイト)がございました。

その問題について、上位レジストラにおいて、8日(現地時間7日(金)昼頃 )の時点で「弊社が対応しない、未解決である」と誤認し、停止措置を取られております。

8日未明(現地時間7日(金)夕方)から何度となく連絡しておりますが、「法務担当部署は、週末で既に休業中であるため対応できない。月曜日にあらためて対応する。」という対応になっております。

上位レジストラの明らかに問題のある一連の対応に、5年近いパートナーシップ関係ではありますが、非常に残念に感じております。


現在、復旧に向け、交渉中で、10日(月)深夜〜11日(火)未明( 現地時間10日の午前)の作業になる予定です。反映時間を考えますと、完全復旧は11日以降になる予定です。


ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

追記 : 06/04/09 5:21 PM

■「xrea.com」を含むURLのアクセス障害について」より引用。

xrea はドメイン登録に eNom を使っていますが、一介のレジストラである eNom が顧客に無断でドメインを停止するとは、いったいどういう了見なのでしょうか?以前にも、.info のレジストリである afilias が .info 新規登録無料キャンペーンを行ったとき、.com のドメインと同じ名前を持つ .info ドメインを顧客の名義で取り、それを顧客に無断で押し付けるといった行動を取ったことで、xrea だけではなく世界中の eNom 利用者から非難されたことがあります。どうも eNom は企業として常識外な行動をすることが、たびたび見受けられるようです。

ちなみに、今回停止させられているドメインは xrea.com とそのサブドメイン *.xrea.com だけです。http サーバ自体は動作しています。したがって独自ドメインで運用している人は何の影響も受けません。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

17.75 msec