seclan のほえほえルーム

| |

WIN32API: SetTimer の TIMERPROC の注意点

・
2001/01/17 []

 SetTimer を使用すると、指定した Window に、指定した間隔で定期的に WM_TIMER をポストしてくれます。それ以外にも Window を経由せずに、指定した TIMERPROC を直接呼び出してもらう方式があります。しかし、この方式には注意が必要です。つまり、メッセージループを作成しないと後者の方式でも TIMERPROC が呼ばれないのです。これは、SetTimer が、指定した間隔にメッセージキューに WM_TIMER をセットするという性質によります。つまり、キューから取り出した後、DispatchMessage API が Window Procedure を呼び出すか、TIMERPROC を呼び出すかの違いしかないのです。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

19.27 msec