seclan のほえほえルーム

| |

TP570: システム起動時に液晶を閉じておくとその後液晶に何も表示されない現象

・
2000/09/15 []

 ThinkPad600 などでは、ThinkPad 起動時に液晶を閉じたまま起動しても、後で再び液晶を開ければ、何の問題もなく画面が表示されていました。しかし、ThinkPad570 では液晶を閉じたままシステムを起動すると、その後液晶をあけても画面には何も表示されません。マウスを動かしたり、Fn キーを押したりしてもまったく反応はありません。しかたがないので CTRL+ALT+DEL を連打してリセットするとようやく表示されるようになります。これは、Firmware のバグではないかと思うのも当然のことです。しかし、それは違うのです。
 実は、ThinkPad570 は液晶を閉じたまま起動すると自動的にプレゼンテーションモードになってしまっているのです。具体的には内蔵液晶=Off/外部CRT=On の状態になっているのです。したがって、その後液晶をあけても画面には何も表示されなくなっているのです。この状態から脱出するには、Fn+F7 を押します。Fn+F7 を押すごとに、内蔵液晶=On/外部CRT=On、内蔵液晶=On/外部CRT=Off、内蔵液晶=Off/外部CRT=On の状態に変わっていきます。これで慌ててリブートする必要がなくなりますね。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

32.86 msec