seclan のほえほえルーム

| |

Win:「Windows の終了」で選択したものを記憶させない方法

・
2000/09/11 []

 Windows を終了させるときには、スタートメニューから Windows の終了を選んで、「Windows の終了」のダイアログボックスから、終了方法を選択します。Win95 OSR2 以降では、ここで選択した方法は次回にも自動的に選択されるようになりました。ここで一つ困ったことがおきました。それは、通常は「電源を切れる状態にする」を選択しているのですが、前回必要があって「再起動する」を選んでいました。しかし次回それを忘れていてつい OK を押してしまったので再起動してしまった...、というようなことです。これは、前回一時的な選択であったにもかかわらず、その選択が記憶されてしまったことによるものです。これを回避するには、ラベル部分をダブルクリックします。これで一時的な選択ができます。例えば、再起動なら、「再起動する」の部分をダブルクリックします。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

22.44 msec