seclan のほえほえルーム

| |

・プログラミング言語 C の新機能 Part XL: stdlib.h: long long int 型対応関数 atoll, llabs, lldiv (2000/01/24 [])
 atoi、abs、div 関数の機能を long long int 型で処理できるよう新しい関数 atoll、llabs、lldiv 関数が追加されました。

atoll
名前long long int atoll(const char *p);
ヘッダstdlib.h
引数p: long long int 型に変換したい文字列を指すポインタ
戻値変換した値
解説 p で指し示された文字列へのポインタを 10 進数の整数として解釈し、それを long long int 型の値として変換した値を返します。エラー時の対応を除くと strtoll(p, NULL, 10) の動作と同じです。


llabs
名前long long int llabs(long long int val);
ヘッダstdlib.h
引数val: 絶対値を取りたい値
戻値val の絶対値
解説 val で示される値の絶対値を返します。絶対値が表現できない場合の動作は未定義です。


lldiv
名前lldiv_t lldiv(long long int num, long long int denom);
ヘッダstdlib.h
引数num: 非除数
denom: 除数
戻値除算結果
解説 num / denom の除算の結果を lldiv_t 型の値として、商をメンバ名 quot、余りをメンバ名 rem に返します。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

33.06 msec