seclan のほえほえルーム

| |

・WinNT のモード変更の仕方 (1999/07/25 [])
 WinNT はカーネルモードとユーザモードというようにシステムが使用する領域とユーザが使用する領域を分割することで、システムの信頼性を向上させようとしています。このように空間を分割して信頼性を挙げるという方法は UNIX でも昔から使われていて、何ら新しい方法でもありません。
 ところで、そのモード遷移のために、WinNT では INT 2Eh を使用しているようです。そんなことでうかつにプログラム内に INT 2Eh なんてかいたらどうなるのでしょう?ちなみに、MS-DOS では INT 21h を使うと MS-DOS の機能を使用することができます。また VxD の中で INT 20h を使うと他の VxD の機能を呼び出すことができます。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

27.16 msec