seclan のほえほえルーム

| |

・nasm その他の違い (1999/06/03 [])
 その他で違うところは、浮動小数点レジスタの名前です。masm などでは、80x87のレジスタ指定に ST(0) や ST(1) という名前を使っていましたが、nasm では st0 や st1 のように、まったく面白味のない、ありがちな名前で指定します。
 後は、10 byte のデータ型は masm などでは TBYTE という名前を持っています。しかし、他の型は WORD(2 byte), DWORD(4 byte), FWORD(6 byte), QWORD(8 byte) のように WORD ですべて終わっています。なぜか 10 byte だけ BYTE ということになっています。nasm では一貫性を持つため(?) TWORD として記述することになっています。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

32.78 msec