seclan のほえほえルーム

| |

・アセンブル&リンク (1999/05/14 [])
 アーカイブを解凍して、nasm.exe, alink.exe と win32.lib を取り出したら、パスの通った場所にこれらをコピーしましょう。とりあえず、c:\windows\command にでもコピーしとくと楽かもしれません。これでコマンドラインから実行できるわけですが、nasm.exe と alink.exe をそれぞれいちいち呼び出すのも面倒です。そこでバッチファイルを作って楽をしましょう。例えば、こんな感じですね。

nl.bat
@echo off
if "%1"=="" goto end
echo nasm -f obj %1.asm
nasm -r
nasm -f obj %1.asm
if errorlevel==1 goto end
echo.
echo alink %1.obj %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9 WIN32.LIB -oPE -subsys con
alink %1.obj %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9 WIN32.LIB -oPE -subsys con
:end

 このファイルも nasm と同じディレクトリに入れておきましょう。こうしておけば、例えば、test.asm というファイルから実行可能形式を作るときに、nl test のように入力するだけで作成することができます。例えばこんな感じになります。

実行例

C:\TEMP>nl test
nasm -f obj test.asm
NASM version 0.98 pre-release 3.7 (hpa)

alink test.obj         WIN32.LIB -oPE -subsys con
ALINK v1.6 (C) Copyright 1998-9 Anthony A.J. Williams.
All Rights Reserved

Loading file test.obj
Loading file WIN32.LIB
matched Externs
matched ComDefs
Generating PE file test.exe
C:\TEMP>_



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

24.33 msec