seclan のほえほえルーム

| |

ヨウ素131・セシウム137・ストロンチウム90の崩壊過程

・
2011/04/10 []

原子力発電所の事故などで放出される原子として、よくヨウ素131・セシウム137・ストロンチウム90があげられます。これらは、全て放射性物質です。放射性物質とは、各原子に余分なエネルギーがついているため、安定状態になろうとしてエネルギーを放出する物質のことです。エネルギーを放出していくと、物質が変化してしまうこともあります。

それらの物質は、以下のように変化します。

名称 記号 崩壊 崩壊後の元素 半減期
ヨウ素131 53 131 I β 99%: キセノン131
1%:キセノン131m
8.0207日
キセノン131m 54 131m Xe γ 100%: キセノン131 11.934日
キセノン131 54 131 Xe 安定
セシウム137 55 137 Cs β 94%: バリウム137m
6%: バリウム137
30.1671年
バリウム137m 56 137m Ba γ 100%: バリウム137 2.552分
バリウム137 56 137 Ba 安定
ストロンチウム90 38 90 Sr β 100%: イットリウム90 28.90年
イットリウム90 39 90 Y β 100%: ジルコニウム90 64.053時間
ジルコニウム90 40 90 Zr 安定
注記:
崩壊の種別:
  • β:β崩壊。電子が放出される。
  • γ:核異性体転移。γ線が放出される。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

29.83 msec