seclan のほえほえルーム

| |

オーストリアが日本語名をオーストリーに変更

・
2006/11/20 []

ヨーロッパの中ほど、ドイツの南にオーストリア共和国 (Republic of Austria) という国があります。この国の大きさは、だいたい北海道と同じくらいの大きさで、人工は約 800 万人、公用語はドイツ語です。

また太平洋の南半球に、オーストラリア大陸があり、そこにオーストラリア連邦 (Australia) という国があります。面積は、日本の約 20 倍で、人工はだいたい 2000 万人で、公用語は英語です。

これらの国々は、地球上での存在位置、民族などが全く違うのに、似たような名前を持っているため、よく混同され、間違われてきました。実際、この文章を書くのに当たっても何回も間違えてしまいました。そのような経緯から、オーストリア大使館では、日本語での呼び名をオーストリーに変更することを決定しました。

名前の変更に当たり、過去の文献を調べたところ、1873 年出版の地理誌“萬國地名往来”では、ヲウストリと表記され、1874 年開催のウィーン万国博覧会ではオウストリと紹介されていたことが判明したようです。これらと発音のしやすさを考慮に入れ、オーストリーという呼び名にすることに決定されました。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

17.7 msec