seclan のほえほえルーム

| |

未バックアップデータ満載の D: ドライブが消えた日 #7/11

・
2000/06/26 []

 キーボードやマウスを選択した後、パーティションの設定を行います。現在、三つの基本パーティションを使っているので、残りは一つしかありません。けれども、Linux の場合は拡張領域を勝手に作成してくれるのできっと大丈夫でしょう。横に出ているヘルプによるとスワップパーティション、/boot と / の三つを作る必要があるらしい。そういうことで、それぞれ、128M, 8M, 1G というようにパーティションを作成しました。次にインストールするパッケージタイプの選択があり、それに基づいて、実際のインストールが行われます。でいろいろ設定して、ハードディスクへの書き込みが開始されました。待つこと数十分、CDROM をぬいて再起動の指示が出ました。というわけで、再起動をといきたいところですが、ちょっと不安なことが...。インストール時には、一応 Linux が立ち上がっているわけですが、その Linux が正常に終了しなかった? ようなのです。具体的には画面が壊れていて、何ら正常な文字が表示されていなかったという症状なので、画面がおかしかっただけという可能性もありますが。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)
コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

17.41 msec