seclan のほえほえルーム

| |

・プログラミング言語 C の新機能 Part XLVI: COMPLEX#4: complex.h: 関数 (2000/02/28 [])
 complex.h では、複素数を扱った計算が簡単にできるように、多くの関数を用意しています。これらの関数のうち、引数として角度を要求しているものについてはその単位は度ではなくラジアンです。また実装によってはエラーが発生したときに errno に値をセットするものがあります。
 #以下間違ってたらごめんね〜

三角関数(trigonometric functions): csin/ccos/ctan
名前 csin
double complexcsin(double complex z);
float complexcsinf(float complex z);
long double complexcsinl(long double complex z);
ccos
double complexccos(double complex z);
float complexccosf(float complex z);
long double complexccosl(long double complex z);
ctan
double complexctan(double complex z);
float complexctanf(float complex z);
long double complexctanl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: csin/ccos/ctan の演算に対する引数
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、それぞれ sin/cos/tan の演算を行います。


逆三角関数(arc trigonometric functions): casin/cacos/catan
名前 casin
double complexcasin(double complex z);
float complexcasinf(float complex z);
long double complexcasinl(long double complex z);
cacos
double complexcacos(double complex z);
float complexcacosf(float complex z);
long double complexcacosl(long double complex z);
catan
double complexcatan(double complex z);
float complexcatanf(float complex z);
long double complexcatanl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: casin/cacos/catan の演算に対する引数
  casin/cacos:実数部[-1,1]の外側を枝切り
  catan:虚数部[-1,1]の外側を枝切り
戻値演算結果
  casin/catan:実数部は[-π/2,π/2]の範囲
  cacos:実数部は[0,π]の範囲
解説 z で示される値を関数の引数として、それぞれ arc sine/arc cosine/arc tangent の演算を行います。


双曲線関数(hyperbolic functions): csinh/ccosh/ctanh
名前 csinh
double complexcsinh(double complex z);
float complexcsinhf(float complex z);
long double complexcsinhl(long double complex z);
ccosh
double complexccosh(double complex z);
float complexccoshf(float complex z);
long double complexccoshl(long double complex z);
ctanh
double complexctanh(double complex z);
float complexctanhf(float complex z);
long double complexctanhl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: csinh/ccosh/ctanh の演算に対する引数
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、それぞれ hyperbolic sine/hyperbolic cosine/hyperbolic tangent の演算を行います。


逆双曲線関数(arc hyperbolic functions): casinh/cacosh/catanh
名前 casinh
double complexcasinh(double complex z);
float complexcasinhf(float complex z);
long double complexcasinhl(long double complex z);
cacosh
double complexcacosh(double complex z);
float complexcacoshf(float complex z);
long double complexcacoshl(long double complex z);
catanh
double complexcatanh(double complex z);
float complexcatanhf(float complex z);
long double complexcatanhl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: casinh/cacosh/catanh の演算に対する引数
  casinh:虚数部[-1,1]の外側を枝切り
  cacosh:実数部 1 未満の値で枝切り
  catanh:実数部[-1,1]の外側を枝切り
戻値演算結果
  casinh/catanh:虚数部は[-π/2,π/2]の範囲
  cacosh:実数部は非負で、虚数部は[-π,π]の範囲
解説 z で示される値を関数の引数として、それぞれ arc hyperbolic sine/arc hyperbolic cosine/arc hyperbolic tangent の演算を行います。


指数関数(exponential functions): cexp
名前
double complexcexp(double complex z);
float complexcexpf(float complex z);
long double complexcexpl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: cexp の演算に対する引数
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、複素数の基数 e の指数を計算します。


自然対数関数(logarithmic functions): clog
名前
double complexclog(double complex z);
float complexclogf(float complex z);
long double complexclogl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: clog の演算に対する引数(負の実数軸に沿って枝切り)
戻値e を基数とした log の結果(虚数部は[-π,π]の範囲)
解説 z で示される値を関数の引数として、複素数の自然対数(基数 e) の計算を行います。


絶対値関数(absolute-value functions): cabs
名前
doublecabs(double complex z);
floatcabsf(float complex z);
long doublecabsl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: cabs の演算に対する引数
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、その絶対値を得ます。


平方根関数(square root functions): csqrt
名前
double complexcsqrt(double complex z);
float complexcsqrtf(float complex z);
long double complexcsqrtl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: csqrt の演算に対する引数(負の実数軸に沿って枝切り)
戻値演算結果(実数部/虚数部は非負)
解説 z で示される値を関数の引数として、その平方根を得ます。


べき乗関数(power functions): cpow
名前
double complexcpow(double complex x, double complex y);
float complexcpowf(float complex x, float complex y);
long double complexcpowl(long double complex x, long double complex y);
ヘッダcomplex.h
引数x: 被べき乗数(負の実数軸に沿って枝切り)
y: べき乗数
戻値演算結果
解説 xy を計算します。


creal/cimag
名前 creal
double complexcreal(double complex z);
float complexcrealf(float complex z);
long double complexcreall(long double complex z);
cimag
double complexcimag(double complex z);
float complexcimagf(float complex z);
long double complexcimagl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: 実数部(creal)/虚数部(cimag)を取り出したい値
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、それぞれその実数部/虚数部の値を取り出します。creal に関しては (double)z/(float)z/(long double)z と同等と思われます。


carg
名前
doublecarg(double complex z);
floatcargf(float complex z);
long doublecargl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: 位相角度を取得したい値(負の実数軸に沿って枝切り)
戻値演算結果([-π,π]の範囲)
解説 z で示される値を関数の引数として、その複素平面上の位相角度(phase angle)を取得します。


conj
名前
double complexconj(double complex z);
float complexconjf(float complex z);
long double complexconjl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: 共役複素数を取得したい値
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、その共役複素数(conjugation)(虚数部の符号が逆)を取得します。


cproj
名前
double complexcproj(double complex z);
float complexcprojf(float complex z);
long double complexcprojl(long double complex z);
ヘッダcomplex.h
引数z: 演算結果を得たい値
戻値演算結果
解説 z で示される値を関数の引数として、リーマン球上での projection を計算します。



by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

26.19 msec