seclan のほえほえルーム

| |

・SI 表記による接頭語 (1999/05/06 [])
 物理や計算機の世界では、よく、ミリグラムとか 1.44Mバイトといった、ミリ、M といった言葉・記号を使用します。これは、国際単位系(SI:System International Unites) 表記による接頭語です。接頭語は基本的には基本単位につきます。基本単位としては、例えば、長さを表す m や、質量を表す kg などがあり、これの前に接頭語がつきます。例えば、km や mg です。計算機の世界でもこの接頭語を借りてきて巨大な、小さな数を表現しています。接頭語の種類には次のものがあります。

SI 表記による接頭語
大きさ記号名前読み
100
101dadecaデカ
102hhectoヘクト
103kkiloキロ
106MMegaメガ
109GGigaギガ
1012TTeraテラ
1015PPetaペタ
1018EExaエクサ
1021ZZettaゼタ
1024YYottaヨタ
大きさ記号名前読み
100
10-1ddeciデシ
10-2ccentiセンチ
10-3mmilliミリ
10-6μmicroマイクロ
10-9nnanoナノ
10-12ppicoピコ
10-15ffemtoフェムト
10-18aattoアト
10-21zzeptoゼプト
10-24yyoctoヨクト

 計算機に関係する使い方の例としては、「64 bit のレジスタで表現できる数は 18E もの巨大な数です」といったようなものでしょう。

by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

関連

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

27.74 msec