seclan のほえほえルーム

| |

・プログラミング言語 C の新機能 Part III: 何でも取り込め! (1999/03/20 [])
 K&R の時代の C 言語では、プロトタイプ宣言はありませんでした。したがって、コンパイル時には、型検査はできず、その正当性はプログラマが保証するしかありませんでした。ANSI C ができてからは、プロトタイプ宣言をすることで、分割コンパイル時の型検査をすることができるようになりました。その結果、プログラマの負担を減らし、プログラムの信頼性をあげることができました。そのプロトタイプ宣言とある種のマクロなどが定義されてあるのがヘッダファイルと呼ばれるものです。通常ヘッダファイルは、なんとか.h と言うように、拡張子「.h」をつけることであらわします(C++ では拡張子をなくすという暴挙に出てますが...)。そのヘッダファイルをソースファイルに取り込むことで、そのヘッダにある機能が有効になるのです。
 そして今度の C 言語でも新たなヘッダファイルが追加されています。従来のヘッダファイルと追加されたヘッダファイルを見てみましょう。

プログラミング言語 C のヘッダファイル
ISO/IEC 規格対象説明
9899:1990 assert.h診断
ctype.h文字処理
errno.hエラー
float.hfloat型特性
limits.h整数型の大きさ
locale.hローカライゼーション
math.h数学
setjmp.h大域ジャンプ
stdarg.h可変引き数
stddef.h共通定義
stdio.h標準入出力
stdlib.h一般的な関数
signal.hsignal処理
string.h文字列処理
time.h日付
9899/AMD1:1995 iso646.h代変表記
wchar.h拡張マルチバイト文字,ワイドキャラクタ
wctype.hワイドキャラクタ分類、マップ
9899:1999 inttypes.h [1][2]整数型フォーマット変換
complex.h [1][2]複素数
stdbool.hbool型と値
tgmath.h汎用型数学
fenv.h [1][2]浮動小数点環境
stdint.h [1][2]整数型

 表の中で赤の部分が今回の規格で追加されるヘッダファイルです。今回の C 言語では整数型に関係のある部分の整備や浮動小数点演算の強化などが行われています。具体的にどんな内容なのでしょうか?楽しみですね。
 *祝 10 日目!しかし、悲しいお知らせが...。


by seclan | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

 コメントできる期間はすでに過ぎています。


トラックバック

 トラックバックできる期間はすでに過ぎています。


| |

 

配信

25.45 msec